LOG
LINKISS
ETC



<< 記憶の鍵 | main | この感覚が不可欠だと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

孵化
ボーッとするのすら下手になったな

ひとりでカフェに行っても
時間が気になっちゃって
いったいなんのために っていう
なんにも
なにもかも
ズタボロのからだで
すり減った精神で
つかれた顔面とパサパサの髪の毛で
うーん ほぼ ほぼほぼすべてを
母として生活してる ので あーーー

時間が惜しくて飛び出してきたけど
もうちょっとちゃんとお化粧してくればよかったな
街はバレンタインデートのひとたち
きらびやか
わたしも5年前までは あんなかんじだったねえ

今この瞬間も 思い出になります
なるとです なるならば なるけれど

コーヒーは家で飲んだほうがおいしい

なにか表現したいな
書き留めておきたいな
絵とか 文字で
没頭したいな なんでもいい
ドラマでも本でも ブログ書くのでも
リリアンでもお菓子作りでも爪塗るのでも

いまなにをあたためることができるかを
考えたいけど 考えなくていいのかな
いまはこれでいいのかな
これしかないなんてことはない
迷いながらも 日々を潰していくしかない
過ぎることを願うより 潰してる感覚
もうちょっとすれば もうちょっと時間ができるから
胸がギュギュッと 握り締められて
なんにもならない ねむれない
あれこれいっぱい捨てたい

春になったら桜を見よう

来年動く準備をしようね しなきゃだけど
わたしになにができるかな
スポンサーサイト